大津市の眼科ならつつみ眼科へ。JR・京阪膳所駅から徒歩8分、西武、パルコのすぐ近くです。
緑内障
診療時間
午前 9:00〜12:00 / 午後 16:00〜19:00
 
午前
午後
※休診日:木曜午後、土曜午後、日曜・祝日
モバイルサイト
下のQRコードを読み取りアクセスしてください。
QRコード
緑内障
緑内障とは
緑内障という病気は少しこわいイメージがありますが、実は大変ありふれた病気で、最近の研究で40才以上の方の20人に一人(60歳以上ではなんと12人に一人)がかかっていると言われています。そのほとんどの方は自覚症状がありません。

このためこの病気の人の80%以上は眼科にかかっていないといわれています。
中高年を中心に慢性的に進行する緑内障。その通院、治療は長期にわたりますので、医師と患者さまとの間に良好なコミュニケーションが必要です。しっかり管理すれば決して恐れる病気ではありません。

緑内障の病気のタイプや経過は、患者さまごとに異なります。そのため、その診断や治療には専門的知識や経験はもちろん、各種の精密検査が必要です。
本院では、緑内障の診断に必要な高度精密検査機器や最新のSLTレーザー装置を設置しています。

健診や人間ドックで、緑内障の疑いや視神経乳頭陷凹を指摘された方はもちろん、40才以降の方は一度受診されることをおすすめします。親や兄弟が緑内障の方や、近視の強い方は特に注意が必要です。また、現在治療中の方も不安に感じる点などがございましたら、ご相談をお受けしております。
緑内障の症状
緑内障とは、網膜(カメラのフィルムに相当)にうつった情報を脳に伝える視神経の出口(視神経乳頭)がダメージを受け、視野が欠けていく病気です。治療が遅れると失明することもあります。ほとんどの場合、進行が遅いため病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。 視神経乳頭
緑内障の原因と種類
高い眼圧が原因のひとつですが、眼圧が正常の緑内障も多く(正常眼圧緑内障といいます)視神経乳頭の弱さや循環が悪いことにも関係があると言われています。また、遺伝的な要因や近視との関連も最近注目されています。
種類は、大きく分けて開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障があります。多くが開放隅角タイプ(88%)で、その中の92%の方が正常眼圧緑内障です。
閉塞隅角タイプは、眼圧が急激に高くなり、かすみ目、眼痛、頭痛、吐き気などの症状があり、放置すれば数日で失明します。
緑内障の検査
眼圧検査
日と時間を変えて数回測ります。一日に3〜4回測ることも必要です(日内変動)
眼圧の計測値に影響を与える角膜の厚みも測ります。

視野検査
視野の欠損(見えていない部分)の有無や大きさから緑内障の進行の程度を判定します。

眼底画像検査
OCTという最新の機器で眼底を3次元撮影し、視神経や網膜に生じた小さなダメージを検出し、早期に緑内障を発見します。
視野検査で異常が出る前に見つけることができます。
視神経乳頭の3次元画像(OCT)画像
緑内障の治療
点眼薬による治療
眼圧を下げる目薬を点眼します。眼圧の高い人はもちろん正常眼圧の人も、眼圧を下げることによって、病気の進行を抑えることができます。
眼圧の値のおよそ20〜30%を下げることを目標にします。最近では治療薬の種類も増え、当院では個々に応じた最適な点眼薬を選び、治療させていただきます。
レーザー治療や外科的治療による方法
点眼薬を使っても視野の欠損が進行するときには、レーザー治療を行う場合があります。 これは眼の中の水(房水)の通り道や出口の部分にレーザーを照射して、水を出やすくして眼圧を下げます。比較的安全な方法ですが、これで効果がない場合は、外科的手術による方法があります。この場合は入院が必要ですので、手術症例の豊富な専門の病院に紹介させていただきます。
レーザー照射

PAGE TOP